アルゼンチンタンゴにハマったラテン系俳優  甲斐政彦  芝居を始めて30年 劇団スタジオライフに所属し、愛娘と暮らしながら、ダイエットや好きな映画、スイーツを紹介する役者の独り言
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
撮ってあった写真で作ってみました 番外編 (2006/07/27)
河内喜一朗
この男・・・

20060727000932




私はこの人に救われたことがある




20060727002129





自分がまだ20代後半、芝居を辞めようと考えた時期があった・・・



甲斐「役者辞めようかと思いまして・・・」

河内「だったら一度、海外でレッスン受けてみたらどうだ?」

甲斐「海外で?」

河内「うん、アルバチーノや、デニーロを教えた人に教えてもらえるぞ、辞めるにしても良い思い出になるんじゃないか?」

甲斐「アルバチーノですか?良いですね~好きな役者だし・・・」





この一ヵ月後、ロンドンへ・・・



そして何かに吹っ切れ、帰国したのは言うまでもない



私はこの人を心から敬愛し、尊敬している。何故なら救ってくれたのもあるが、芝居が本当に好きで、自分を鍛練すること忘れない、一日一万歩以上歩いたり、今だに自分等とワークショップなどにも参加している。ある時は外人の演出家、コーチなどにボロクソに言われたりもするが、彼は負けない、それどころか楽しそうである。そしていつまでも少年の心を持っているように夢を持っている。こういうところが尊敬せずにはいられない、私もこの人のような大人に、いや子供になりたいと思う。



若い連中と一緒になっても自分を曝け出せる事が凄い

20060727001839


この男、スタジオライフ1の少年である



にほんブログ村 演劇ブログへFC2ブログランキング
1プッシュありがとうございます!元気の源になります!!


今日のぼでぃ~
体重【67.0】kg
体脂肪率【21.2】%
ウエスト【78.5】cm
スポンサーサイト

なんというか、こういう大人に憧れます。
私もなれるとよいのですが・・・。
なんて具合にお祈りだけではかないませんので、私も自分を磨くべく努力してみようと思います。
とりあえず、一日1万5千歩だ!!
(マリオス)
2006/07/27 | URL |(trip@-)
編集


人生 おはようございます。
「河内さん」,
カッコいいっすねぇ…

人生って山あり谷ありって言いますが、俺の場合、例えて言うと…

今、スッゲー高い山があって半分位の所でしょうか?残りの半分を9月一杯で登りきらないといけないんですが…

イッヤ~…キツイッすねぇ…ウン,きつい…

でもこれから先、役者を続けて行く以上、この山に登らないといけないと思うんで、不可能かも知れませんが全身全霊を注いで頂上を目指しますよ!
泣き言言わずに一日一日を大切に過ごしたいと思います…。

デニー
2006/07/27 | URL |(trip@-)
編集


素敵なシュヴァルツさんを拝見できたのは、主宰の一言があったからでもあるんですね。感謝です!主宰に! 実は私にも似たような経験があって、それがなかったら、全く違う道を進んでいただろうと思います。この道が良かったのかどうかはわからないけど、少なくとも、演劇に出会ってなかったと思います。…ということは、ライフにも出会ってなかったかも…。人の縁とは不思議なものですね。
(ななみっち)
2006/07/27 | URL |(trip@qBpKbO02)
編集


きゃー♪
河内代表♡
大ファンなんですぅ!!

やはり素敵な方なのですね。
笑顔が素敵です♪
甲斐さん ありがとうございます!!
(mie)
2006/07/27 | URL |(trip@-)
編集


実は地方公演「ドラキュラ」の時、ちらちら粉雪が舞う中、ガラガラとスーツケースを引きながら、劇場楽屋口を探す老(?)夫婦が.....。そう、河内氏と倉田氏でした。
他の皆さんは、すでに楽屋に入っておられるような時間だったので、きっと宿泊先から歩いてこられたのでしょうか??どこに宿泊されたのか、地元なのに分からなかったので距離は不明ですが、ご立派な事ですね。ウォーキングを私もしてみようかな。
(takako)
2006/07/27 | URL |(trip@-)
編集


管理人のみ閲覧できます このコメントは管理人のみ閲覧できます
()
2006/07/27 | |(trip@)
編集


Studio Lifeの父 だと思う主宰です。
甲斐さんと主宰がそんな仲だったなんて…
懐の深い方ですね、主宰!!

『トーマの心臓』の公演中の出来事。
劇場を後に帰る主宰を見掛けました。
でも辛そうにしていたので、とても心配になりました。舞台では全くそんな姿は見せていなかっただけに…
やはり、舞台上ではそんな姿は見せない『プロ根性』を感じました。


今日のブログを読んで、主宰が居るからStudio Lifeが在るんだとしみじみ思いました。
大袈裟かもしれませんが、でもそんな気持ちです。
(いちご)
2006/07/27 | URL |(trip@NL852uQM)
編集


トリですね! 団長はやはりトリでしょうか!待ってました。
役者の甲斐さんがいるのは団長のお陰なのですね。団長に足を向けては寝られませんね。
若者と一緒にマンガも読むのですね。机に『デスノート』積んである…若い!ホントに!びっくりです。それにしても書籍が多いですね。いつもなのでしょうか?紀伊國屋だから?(笑)アートスフィアの時に浜松町から歩いて来ていると聞いて、スゴイと思いましたが、さすが元陸上選手です。
(PIECE)
2006/07/27 | URL |(trip@UXr/yv2Y)
編集


管理人のみ閲覧できます このコメントは管理人のみ閲覧できます
()
2006/07/27 | |(trip@)
編集


いいですね~ 「少年!」
団塊の世代は産まれた時から競争の中に生きてるし、だから生きることに貪欲で打たれ強いって思いますね。若い?私らはすんごいヘタレですが~ 
でもでも、「思い出作り」に海外をすすめられたなんて、それだけ河内さんは海外の演劇に精通してはったんですね。
甲斐さんが役者でいてくれはって、ホント良かったです~
(まっちゃん)
2006/07/27 | URL |(trip@CKyOUH4I)
編集


管理人のみ閲覧できます このコメントは管理人のみ閲覧できます
()
2006/07/27 | |(trip@)
編集


「この男…凄いシリーズ」に河内氏のご登場、何をや言わんですね。
本当に一番の大人で、一番の少年でいらっしゃるのでしょうね。
河内氏のお声、本当に素敵ですよねぇ~
お人柄が顕れているのでしょうね^^
ところで、「この男」のカテゴリーには入らないかもしれませんが「凄い!」のカテゴリーには最もふさわしいであろう「倉田氏」のご登場を、心待ちにしております^^
(ツタさん)
2006/07/27 | URL |(trip@-)
編集


ホント、写真の河内氏の笑顔、
とっても無邪気に見えて、
そしてなんだかあたたかい☆
普段はひょうひょうとしてそうだけど
(←勝手な印象ですいません)
実はいざという時ものすごく頼りになる。
そんな方がライフの要であるからこそ
劇団studio lifeは魅力的な人間の集まりなんだろうな~って思っちゃいました!!

(ざといち)
2006/07/27 | URL |(trip@-)
編集


河内氏の一言があったおかげで
今の役者甲斐政彦氏が存在しているんですね。
人と出会い、そしてそこから始まる人と人とのつながりこそが、人生の宝だと私は
思っています。
舞台を見ていて、いつも河内氏の存在の大きさを感じます。
ライフ1の少年ってところもうなづける♪
ステキな年のとり方をしてますよね♪
これからのますますのご活躍を期待しておりま~す(笑)
(ざといち)
2006/07/27 | URL |(trip@-)
編集

コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 



トラックバック
この記事のトラックバックURL


ページ上部に戻る▲
『役者のひとり言』甲斐政彦の役者ブログ © 甲斐 政彦 47歳 2017. (http://kaimasahiko.blog42.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.

アクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。