アルゼンチンタンゴにハマったラテン系俳優  甲斐政彦  芝居を始めて30年 劇団スタジオライフに所属し、愛娘と暮らしながら、ダイエットや好きな映画、スイーツを紹介する役者の独り言
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今、映画を作る事になり本を書いているのですが・・・ (2006/03/30)
20060330001248



化学物質過敏症」を世に報しめる映画を!!




なんだか社会派な映画を撮るんだと思われるかもしれませんが・・・


そう、実は今回社会派なんです!


というのも最初はこの問題を最初から取り上げたい訳ではなかったのですが・・・


ある団体に環境問題の関わりがある映画を撮らないかと話を持ちかけられ調べていく内に、これはやらなければならないと立ち上がったわけなのですが、これがかなり深刻な問題だったのです。


実は今、手筆するにあたりリアルな現状の話を聞きたく、この病気にかかってしまった知り合いを初め、環境省、厚生労働省や、NPO法人化学物質過敏症支援センターなどに話を伺っているのですが、まだまだ足りません。


そこで環境問題による原因であろうとされる病気「化学物質過敏症」(正確にはまだ政府に病気と認められていない病気)や、アトピー、喘息、花粉症、何らかのアレルギー症状など、まだまだあるのですが、そのような症例など関わりがある方が居たらその症状、原因、被爆者の家族状態など教えてほしいのですm(__)m


化学物質過敏症」などはまだ病気と認定されていないため、保険証が使えないのが現状です。

この作品を作るに事により少しでも「化学物質過敏症」を日本政府に病気と認めさせるきっかけになればと思っています。


なんだかカッコイイ事を言っているみたいですが、真剣です。
にほんブログ村 演劇ブログへFC2ブログランキング
日々の更新の糧となります、1日1プッシュありがとうございます!


今日のぼでぃ~
体重【68.0】kg
体脂肪率【24.2】%
ウエスト【81.5】cm
スポンサーサイト

私は化学物質過敏症患者です。体は良くなるよういろいろ模索中です。辛いことは仕事に行けないこと、友達に会えないこと、家族に理解してもらえないこと。
病気の症状ももちろん辛いですが、もっと辛いのは心が不自由になってしまうことだと分かりました。
見かけでは分からない病気、頑張って治したいけど治療法がないからほとんど無き寝入りしなきゃいけない病気、匂いや電磁波は家にいようが外に出ようが都会にいようが田舎に行こうがどこにでもあるから居場所がない病気、患者は息をするところ横になって寝むるところを探して毎日を送っています。生きるに八方塞になっています。当たり前に生活していた頃に使用していたものは99%が使用してはいけない物、食べてはいけない物へと変わりました。心が病気になるのもやむ終えません。
原因物質を避けるのが一番の治療法だと言われますが、本当にそれでいいのでしょうか?体が原因物質に勝つ治療を早く見つける洋働きかけることが本当の化学物質過敏症患者の願いだと思っています。
(YOUKO)
2006/05/10 | URL |(trip@-)
編集


最近 鳩やカラスや雀やウサギが次々死んでいる テレビニュースを見て まさかまさかこれも科学ぶしつ過敏症 だったら もう地球は ヤバいなぁって 怖くなりました…
(より)
2006/04/14 | URL |(trip@-)
編集


秀穂さん、ぴょん吉さん、サニーさん、tommyさん、PIECEさん、だいじろうさん、ななみっちさん、がんもさん、naoさん、くみ子さん、それからメールにてコメントして来て下さった方々本当に沢山のコメントありがとうございました!!
皆さんのお話、たいへん参考になりました。m(__)m

(甲斐政彦)
2006/03/31 | URL |(trip@L1x6umnE)
編集


はじめまして。

人気ブログランキング・ランブロの管理人です。

このたび、アクセスアップにお役に立てるよう、人気ブログランキング・ランブロを開始しました。

まだ、開始したばかりですので、登録数などは少ないですが、これから、登録数などを増やしていきたいと考えております。

そこで、登録して、ご利用いただけたら、と思います。



よろしくお願いいたします。
(人気ブログランキング・ブログ検索「ランブロ」管理人)
2006/03/31 | URL |(trip@-)
編集


以前、病院事務をしていたときシックハウスの女の子と出会いました。
その子は新築の自宅に反応して(と、思われる)発症。買ったばかりの自宅を離れ古い民家を借りて生活をしていても他の物質に反応しやすくなってしまって入退院を繰り返していました。
入院中、比較的症状が落ち着いているとき眼科の外来に受信に来たのですが、それだって危険が伴うのです。化学物質は目に見えないものも多く、ましてや人が多く出入りする場所など高確率で飛んでいる可能性が・・・。
体の粘膜系(目や口の中など)は炎症に弱いので定期的な検診を要します。
でも、病院にいても見えない物質には対処し切れません。強い反応、炎症を起こせば眼なら失明、口腔内なら…例えば1個でも痛い口内炎。あれが口の中じゅうにあるような感じです。眠れないどころか気も休まらない日が続く。気管支などなら窒息。肝臓なら肝炎、臓器系統は黄疸など全身症状につながって行きやすい…。
皮膚に出れば、例えば赤くはれ上がるなど。2週間後にあった彼女がそうでした。顔も、体も赤く腫れあがり動けば服がすれて痛い。
悲しいことですが、病気と闘っている患者さんを冷たい眼で見る人が多いのもこの仕事で目の当たりにしました。(外来だからでしょうか?)
私も、病気のことを詳しく知っているわけではないですが、少しの正しい知識、少しの想像力が周りの人たちにあれば、もう少し患者さんのおかれる立場は楽になると思います。
「そのためにも!!!」なんてムチャムチャ重いことは言いません。(えっ!書いてるだろうって、><。すいません!)
この映画の作り手の皆さんが見た世界を、フィルムを通して見ることを、楽しみにして、そして、科学物質過敏症など、原因など不明な病気の治療法なんて贅沢は言いません。でも、原因が分かれば対処も出来るので、一刻も早いこの病の根本が見つかることを心から祈っています。

(nao)
2006/03/31 | URL |(trip@-)
編集


ホントにいろんな病気やアレルギーがあるんですね。私も紫外線や金属や薬とアレルギーがあり日焼け止めは夏冬関係なく年中塗ってます~おまけに血管がつまる持病もあるし今年は忘れかけてた喘息が復活!最悪でした~世の中が発達するとともに不思議な病気も増えてくのかなぁ~(´・`)
それとともに治療法や薬もちゃんと追い付けばいいのに~
(がんも)
2006/03/31 | URL |(trip@-)
編集


こんな話を思い出しました。
友人の医院に来た患者さんで男子高校生の話です。その子は、小さい頃からあらゆるアレルギーに悩まされ、あらゆる制約のある生活の中で思春期を向かえ、肌が汚いとか気持ち悪いとか言われ苛められていたそうで、友人のところに来たときには、精神的にマックス状態。追い詰められてしまっていたそうです。「この荒れて硬くなった肌をナイフで削り取ったら、綺麗な肌がでてくるんじゃないか」そう思って、肌にナイフをいれようとまで追い詰められてしまった。幸い、それは実行されることはなく、小さな医院ながらもアレルギー治療に力を入れているとの評判を聞きつけ、友人のところにやってきました。通院を始めて、もう1年近くになると思いますが、少しずつ成果が出て今は瘡蓋ができなくなったそうです。なにより友人が嬉かったと言っていたのは、その子が来るたびにする会話が、楽しい話になっていったこと。
発作が起きるような症状ではなかったにもかかわらず、時間外の診療も相談も親身になって対応していた医師たちの誠意の賜物だったと、「こういうのが本当に嬉しいんだよね」なんて笑って話してくれた友人のキラキラした表情が、医療に携わる彼女たちのすばらしさを物語っていました。

(ぴょん吉)
2006/03/31 | URL |(trip@-)
編集


世の中には大変な病気があるものですね。私の花粉症なんて、とるに足らないものです。でも、病の重さに関わらず、その時々にいろんな事を考えるものですよね。5年前に手術を受けたんですが、手術までは、自分が何故こんな目に合わなければならないのか、と本当に悔しくてならず、同時に人の何気ない言葉に励まされたり、傷ついたり。術後は、自分の高慢チキさを思い知りました。なので、病気になったことは、あながち悪くなかったなと思っています。でも、私のは治るものだったから、生涯続く苦しみを推し量ることができない。もどかしいです。
(ななみっち)
2006/03/31 | URL |(trip@qBpKbO02)
編集


甲斐さんは脚本も書くんですか?
すごいです。
しかも題材もとても大事な、でも重いものですよね。
うちの家族は軽いアレルギー体質ですが、友人の中にはたいへんな経験をしている人もいます。
家を新築したものの、シックハウス症候群で生活もままならない・・・。
怪我をして薬を飲んだら、それに対して、アレルギーを起こしてしまい、喘息、アトピーがひどく、学校に行けなくなってしまう・・・。
みんなが少しでも住みやすい世の中になってほしいと心から思います。

(だいじろう)
2006/03/30 | URL |(trip@yrTdUdco)
編集


甲斐さん、ありがとうございます。化学物質過症に関するサイトをいろいろ見てみました。当てはまるものが沢山あるようです。喘息のほうはいい先生にめぐり合い、最近は発作はほとんど出ない状態でキープしています。とは言え、吸入器を持ち歩くのには変わりないのですが。今日も何にかぶれたかひじが痒くてさわってしまったら、内出血を起こしてしまいました。目も含めて(目の裏に発疹ができてコンタクト持ち上げてしまったり)皮膚が弱いんですね。以前、直射日光でやけどになってしまいました。それ以来夏の直射日光には要注意です。
科学物質とは違いますが、直射日光の下を普通に歩けない病気もあるようですね。とくに色の白い人は要注意です。
都会はとくに便利になっていくにつれ、人間の免疫もどんどんなくなり、複合症のような不明な病気も増えてしまうのでしょうね。
これをきっかけに少しでも目を向けて理解を深めてくださる人が増えるような映画になるといいですね。微力ながら、何かお手伝いになれば・・・と思います。頑張ってくださいね。

■映画100選はぼちぼちいきましょう!月に1作品とか2作品とか~~(笑)
(PIECE)
2006/03/30 | URL |(trip@UXr/yv2Y)
編集


ニュースなどで化学物質過敏症について聞いたことはありますが、100万人もの方が化学物質過敏症で苦しまれ、潜伏期間にある方が1000万人もいらっしゃるとは知りませんでした。
私はアレルギーなどないので、本当に恵まれています。と同時に、そういった病気で苦しんでおられる方について、自分自身の認識などを深めていく必要性を強く感じます。

映画を通して化学物質過敏症に関する理解が深まり、苦しんでおられる方々がよりよい医療をよりよい待遇で受けられるような社会になって欲しいと願います。
甲斐さん、頑張ってください!!

(tommy)
2006/03/30 | URL |(trip@-)
編集


甲斐さん、ありがとうございます。化学物質過症に関するサイトをいろいろ見てみました。y
(PIECE)
2006/03/30 | URL |(trip@-)
編集


化学物質過敏症、私も以前テレビで見たなぁ・・・とよくよく思い出してみたら、
化学物質過敏症の一種なのかどうかはよく分かりませんが、
電気(電磁派?)アレルギーの方のお話でした。
海外の女性だったのですが、日常生活を送るのに電気は欠かせない現代、
でも彼女にとっては、パソコンはおろか、エアコンや電話、テレビに洗濯機に冷蔵庫、部屋の電灯にさえ体が変調を来たし、息苦しくなったり気持ち悪くなるんだそうです。
なので、車や電車にも乗れない、スーパーに買い物にも行けない、病院にさえ行けない。
もちろん仕事なんて出来る状態でもない。
電気というものがない生活をするのが最善の治療法、という事で、
現在彼女は生活保護を受けながら、食料品の宅配サービスを受け、一人山奥で暮らしているそうです。
電気が放出しないように撮影用のテレビカメラにも最新の注意を払っていたようですが、それでも体調が悪くなったみたいでした。
役に立つかどうかは分かりませんが、
ちょっと前に、姉に原因不明の突発性発疹が出ました。
二の腕~胸~お腹~背中 と、一面発疹が出て、医者に行ったら原因はダニだと言われたのですが、噛み跡もないし、明かにダニではない、と両親は言ってました。
結局原因は分からなかったのですが、姉本人、発疹がある以外はいたって元気。
とりあえず病院からもらってきた塗り薬を毎晩塗って、4日程したら発疹も消えました。

そして、うちの猫が花粉症になりました。
猫の花粉症はまだあまり類がないそうですが、犬も花粉症になるんだから、猫もなる、と動物病院の先生が言ってました。
くしゃみ、涙が止まらず、猫は「匂い」で食べ物を食べ物と認識するらしいのですが、
匂いを嗅ぐ鼻が全く効かないもんだから、ご飯をご飯と認識できずに食べ(られ)なくなり、痩せていくので、
喉の奥にムリヤリ刺身を突っ込みました。
今は薬で、ご飯は食べられるようになりました。
猫と人間とじゃ流石に違いますが、
アレルギーによって普通の生活が出来なくなるという事、私はまるっきり経験がないのでその辛さは分かりませんが、
様々なアレルギー症状に対して、その本人と回りの人以外はまだまだ知らない事が多いです。
多くの人が、映画を見てその存在を知るきっかけになり、少しでも過ごし易い社会になるよう、祈っています。
頑張ってください!!
(サニー)
2006/03/30 | URL |(trip@EB29KFfw)
編集


甲斐類にも要注意ってことですか??(笑)良性の刺激があるってことは確かですね。
インクに反応しているとしたら、化学物質過敏症かもなんですね。家の近所には、印刷屋さん、製本屋さん、出版社と本だらけ(T_T)どうりでって感じです。でも、小さい頃から、トラウマになるほど悩んだりもした覚えないので、軽いほうなんですね。地方の病院まで通ったりしている友人もいますから。大人になってから喘息になって、薬を常備してたり。
こうして会話になること自体、それぞれの中で、何かしらの想いをめぐらせることになりますよね。それだけでも、とてもいいことだと思います。ひとつひとつの小さな活動(?)が、いつか大きな力になったりするわけですから。
甲斐さん!市民のために立ち上がるんですね!!!!(大袈裟?)

(ぴょん吉)
2006/03/30 | URL |(trip@-)
編集


先ほどタイトルに名前を書いてしまいました(^^;)秀穂でしたι
(秀穂)
2006/03/30 | URL |(trip@YrGnQh/o)
編集


秀穂 化学物質過敏症…甲斐さんのブログで、また甲斐さんのブログに書いているみなさんのコメントを見て初めて知りました。
いろんな症状があるんですね。その症状に悩まされている方はとても辛いんだということが伺えました。
アタシみたいに化学物質過敏症について何も知識がない方はまだ沢山いると思います。みんなに知って理解していただくためにも甲斐さん頑張ってくださいっ!!
(名無しの権兵衛さん)
2006/03/30 | URL |(trip@YrGnQh/o)
編集


まっちゃんさん
ありがとう!そうなんです、健康保険が使えるようになればもう少しは患者への負担が軽くなるのに・・・
「一番のアレルゲンはヨメ」ってのにまっちゃんさんのイメージがふくらみました。
(^_-)-☆

ちび太さん
ありがとう!アトピーも辛いですよね。
「それくらい」という他人に理解されないことが一番辛いですよね。
アトピーやアレルギーなども化学物質過敏症と密接な関係であることが分かってきました。

PIECEさん
ありがとう!今、日本には化学物質過敏症に被爆してる方は100万人、潜伏している方は1000万人と言われています。
一度専門医に診てもらうことを勧めます。
日本では化学物質過敏症の第一人き者の居る北里研究所病院などが良いかと、実は調べていくうちにスタッフの中にも被爆者がいました(>_<)

十六夜さん
ありがとう!ビタミンB2のアレルギーというのは大変ですね(>_<)
最近は健康ブームも手伝ってかビタミンB2
がなんにでも入ってますもんね。
確かに分からずに辛い思いをされている方は、かなり居ることでしょう。

ぴょん吉さん
ありがとう!幼少期から辛い思いをされているんでしょうね(>_<)
アレルギーの薬って、食欲増進しちゃうんですか!?φ(..)メモメモダイエットの敵っと・・・。
甲斐類だったら、ボツボツ蕁麻疹というより、顔がポッと赤くなるかと・・・(#^.^#)
あと本屋さんに行くと、なんとなく鼻がグスグスというのは、もしかすると本のインクによるものかも・・・だったら化学物質過敏症の恐れありです(>_<)

takakoさん
ありがとう!アトピーは本当に辛い病気ですよね、知り合い何人かに症状のひどい方が居まして、その方は薬がほとんど効かなくて、ひどくなると日本を離れる日々を送っています。というのは日本を離れるとピタッと症状が消えてしまうそうです。日本の風土、気候、大気汚染、化学物質がいけないのかもしれませんね。
「アトピー」はチョコが悪いのですか!?
アトピー本当につらいですね(>_<)











(甲斐政彦)
2006/03/30 | URL |(trip@L1x6umnE)
編集


先日、カビによる喘息やアレルギーもあるって放送していました。カビは、窓や壁にでる結露からの発生もありますが、目に見えないものも多いらしく、空咳が続くかたは、要注意だそうです。ハウスダストの一種ともいえるのかもしれませんね。本屋さんに行くと、なんとなく鼻がグスグスしたりするのも
、それかも。本のダニやカビが原因とも言われているようです。現代人には避けられないアレルギー。全くそういったことに悩まされたことの無かった友人が、昨年花粉症デビューして、調べたらほとんどのものに(花粉だけでなく)反応してしまって、今大変なことになっています。何より仕事が手に付かなくなってしまうことが大変みたい。これだけ多くに人に影響を及ぼしているのですから、なんかしらの対策を早急におねがいしたいですね。石原都知事も花粉症デビューしたとか。花粉症対策費を募金制で集めるとか。・・・・・国でなんとかんまらないものなのでしょうか???なんだか矛盾を感じます。
(ぴょん吉)
2006/03/30 | URL |(trip@-)
編集


高尚な内容ですね。
私は「花粉症」「アトピー性皮膚炎」です。
「アトピー」は幼少時からですが、「花粉症」はここ最近2~3年の間でしょうか?
「アトピー」は体質とかもあるようですが、大人の「アトピー」は「ダニ、ほこり、ストレスなど」でなる場合も。
「花粉症」はキャパを超えるとなるって言われてますが、それに加えてやっぱりストレスも関係するみたいです。思えばここ2~3年の間、ストレスかかりまくりだった私。
うなずけます。予防対策は、早めの投薬でした。今年は少なめらしく、あまり症状は出てません。
「アトピー」はチョコが悪いらしいです。
食べ物の好みが変わると治ると言われましたが、大人になったらあまり出なくなりました。
どちらも保険がきくので良いですが、甲斐さんのおっしゃる『化学物質過敏症』は保険が有効ではないとのこと。
この運動がきっかけで、政府の考え方に変化が現れることを祈っております。
ちなみに医療費などの保険制度は2年後との見直しなので、今年が改正なので次の平成20年には間に合いますね!
takako
2006/03/30 | URL |(trip@-)
編集


アレルギーといえば、物心付く以前からのお付き合いです。でも、アレルギー性鼻炎は今でもですが、小児喘息で殆ど幼稚園に行かれなかったりしましたけど、高校に通い始めたころから風邪引いても咳き込むことは殆どなくなりましたし、花粉症も箱ティッシュ持って歩きたいくらいだったのに、昨年から引退状態。だまされたと思って毎日2年近く食べ続けたヨーグルトのおかげかしら?という感じで、年々軽くなっています。以前は辛かったですね~。9月のブタクサにも反応していたので、一年の半分はクシュンクシュンしてました。会社でもボーっとしていて、「死んだ顔してる」ってよく言われていたし(^_^;)寝ても寝ても寝たりなくて、家に帰るなり布団に入っていました。薬の副作用もあったみたいですけどね。とにかく昔は眠くなっちゃう薬しかなくて、よく昼間に発作が起きると飲んで半睡眠状態になるか、このまま耐え抜いて仕事するか迷いました(笑)いまは、眠くならない薬もあるし、事前に予防のために服用するものや、注射もあるので少し楽にはなってきているみたいですね。あ!!アレルギーの薬って、食欲増進しちゃうっていう話聞きました。・・・・どうりで、甘いものを異常に食べたくなっていたような・・・・。恐ろしい~!因みに、食物アレルギーもあって、甲斐類・・・いえ貝類は食べた数分後からボツボツ蕁麻疹が出ます。それを花粉症や鼻炎と同じ薬を処方されているので、同じアレルギーなんですね。
・・・・・こんな話で、役に立つのかしら・・・?
(ぴょん吉)
2006/03/30 | URL |(trip@-)
編集


お役に立つかは分かりませんが、私はビタミンB2を摂取して日光を浴びると、
アレルギー反応が出ます。飲むだけでなく塗るその他、なにをしてもです。
飲む場合はその後、日光に当たらない工夫をすれば何とかしのげますが、
後の物ははどのくらい効果が体に残っているか分からないのでお手上げです。
ビタミンは身体に良い物だし、ちょっと高価なものには、目薬でも、ハンドクリームでも
ヘアケア剤でも入っているので全部、人体実験して理解した感じです。
このアレルギーはあまり知られていなくて、下手すると本人も分かっていない
事があります。
私は、同じ様な症状が続けて起きて掛かった皮膚科の先生が、
製薬会社〔その時に服用したビタミン剤の)に問い合わせてくださって
分かったのですが、その事を友人に話したところ彼女も同じ症状が出る事が
分かって、医者にチェックして貰うように勧めた事があります。
気を付けて、摂取しなければ防げるのが利点ですが、
分からずに辛い思いをされているかたは、多いかも知れません。
そんな事を伝える為にもお仕事がんばってください。
(十六夜)
2006/03/30 | URL |(trip@-)
編集


映画 かなり難しいものに挑戦されるようですね。また素晴らしい作品になることを祈ってます。

わたしは少々化学物質過敏体質ではあるみたいです。それで喘息症状が出たり、皮膚にアレルギー症状が表れて息苦しくなったり…そういう物質が含まれるものに触れると、とくに腕の内側とか首まわりは敏感なようで、小さな赤い発疹ができたりします。
喘息症状はハウスダストとか煙草の煙とか新しい建物に入ったりでも突然くるので発作止めは常にもちあるかなければなりません。
見た目にわからないだけにその苦しさは理解できないものですからね。
(PIECE)
2006/03/30 | URL |(trip@UXr/yv2Y)
編集


私は生まれつきアトピーが出やすい体質です(>_<)高校時代、体の変化や大きな環境の変化があったせいか、一時顔にかなりアトピーが出て苦労しましたよ・・・他人に言っても「それくらい」って言われやすいんですよね(涙)そういう時って学校にも行くのが辛かったなぁ~。
今ではずいぶん良くなりましたが、やっぱり化粧品は香料とか入ってるとダメみたいで痒くなります。これも科学物質~なのかな?
映画、応援してます。頑張ってくださいね!
(ちび太)
2006/03/30 | URL |(trip@cQCH5Z9o)
編集


空さん
ありがとう!この病気は医者にもあまり認知されてないので、精神的なものとか、自律神経失調症、更年期障害などと言われ、化学物質の薬を飲み、よけいに悪くなっているのが現状です。

(甲斐政彦)
2006/03/30 | URL |(trip@L1x6umnE)
編集


師匠!、あ、いえ、甲斐さん、
昨日とうってかわって、硬派なお話しですね。「化学物質過敏症」というと、ホルムアルデヒトによるシックハウス症候群もそうですよね。そうですか・・健康保険が使えないんですか・・・
残念ながら、花粉以外はメチャメチャ鈍感な私なんで、甲斐さんのお役には立たないんですけど、アレルギー体質のダンナを持ってるんで、知ってることがありそうやし聞いてみます~ あ、本人が言うには、一番のアレルゲンはヨメと言ってますけど・・・なんでやねん!
(まっちゃん)
2006/03/30 | URL |(trip@CKyOUH4I)
編集


「科学物質過敏症」、私もTVで見たこがあるくらいです。
どんな病気もそうですが、その辛さは本人にしか分からないんですよね。
私は以前、自律神経失調症になったことがあります。
今でこそよく耳にする病気ですが、その当時はあまり知られていなかったし、私自身も知りませんでした。
辛くてどうしたらいいか分からなかった時に、友達が雑誌に載っていた自律神経失調症の記事をみて、それじゃないかと教えてくれたんです。
この時は、色々な症状を家族に話しても「気のせいじゃない?」と分かってもらえず悲しかった・・(T_T)
本当に本人にしか分からない辛さなんですっ!
「科学物質過敏症」も、なった本人にしかその辛さは分からないと思うんです。
政府の役人さんも、自分がその立場になったら分かってくれるのかな・・。
甲斐さん、大変だと思いますが頑張って下さいねo(^-^)o
応援しています!
(空)
2006/03/30 | URL |(trip@nL6A2.tM)
編集


みとえさん
ありがとう!化学物質過敏症も実は花粉症と同じように誰にでも起こる病気なんです。花粉症のたとえに使う身体の中のバケツが一杯になると発病するというやつです。
化学物質過敏症も同じことが言えるのです。

(甲斐政彦)
2006/03/30 | URL |(trip@L1x6umnE)
編集


花粉症 私の話が役立つかわかりませんが、奴が(花粉症)が私に影響を及ぼし始めたのは、2年前からです。いきなりなったのか?副鼻腔炎になってから偉く鼻の小鼻の上が痛くめまいに頭痛にさいなまれ始め、それからなったような感じが…そして今に至ります(T_T)。因みに皮膚アレルギーも。昨年はベーチェット病の疑いもかけられ2ヵ月間、高熱にベーチェット病特有の皮膚病にさいなまれました。今は肥満病にも…(^o^; 。甲斐さんすごいですね!映画大成功を祈っております\(~o~)/
みとえ
2006/03/30 | URL |(trip@-)
編集


らいとさん
ありがとう!頑張ります。
今日もスタッフとNPO法人化学物質過敏症支援センターへ行き、お話しを伺ったのですが、周りに理解されずに自殺する人までいるのが現状です。
(甲斐政彦)
2006/03/30 | URL |(trip@L1x6umnE)
編集


社会派の映画ですか!(^^)
応援します。
TVでは、見るのですけれど私の知人にはおりません。
見ていると学校にも満足に通えなかったりとても辛そうですね。><
(らいと)
2006/03/30 | URL |(trip@JnoDGgPo)
編集

コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
ここをチェックすると 管理者のみが読めるコメントになります→
 



トラックバック
この記事のトラックバックURL


「-」2008/03/10 |

「-」2008/03/10 |

「-」2008/03/10 |

「-」2008/03/09 |

「-」2008/03/09 |

「-」2008/03/08 |

「-」2008/03/08 |

「-」2008/03/08 |

「-」2008/03/07 |

「-」2008/03/07 |

「-」2008/03/06 |

「-」2008/03/05 |

「-」2008/03/05 |

「-」2008/03/05 |

「-」2008/03/05 |

「-」2008/03/04 |

「-」2008/03/04 |

「-」2008/03/03 |

「-」2008/03/02 |

「-」2008/03/01 |

「-」2008/03/01 |

「-」2008/03/01 |

「-」2008/02/29 |

「-」2008/02/29 |

「-」2008/02/29 |

「-」2008/02/28 |

「-」2008/02/27 |

「-」2008/02/27 |

「-」2008/02/26 |

「-」2008/02/26 |

「-」2008/02/26 |

「-」2008/02/25 |

「-」2008/02/25 |

「-」2008/02/24 |

「-」2008/02/24 |

「-」2008/02/23 |

「-」2008/02/22 |

「-」2008/02/22 |

「-」2008/02/19 |

「-」2008/02/18 |

「-」2008/02/18 |

「-」2008/02/18 |

「-」2008/02/17 |

「-」2008/02/17 |

「-」2008/02/17 |

「-」2008/02/16 |

「-」2008/02/16 |

「-」2008/02/15 |

「-」2008/02/15 |

「-」2008/02/15 |

「-」2008/02/15 |

「-」2008/02/14 |

「-」2008/02/14 |

「-」2008/02/14 |

「-」2008/02/13 |

「-」2008/02/13 |

「-」2008/02/13 |

「-」2008/02/12 |

「-」2008/02/12 |

「-」2008/02/12 |

「-」2008/02/12 |

「-」2008/02/11 |

「-」2008/02/11 |

「-」2008/02/11 |

「-」2008/02/11 |

「-」2008/02/10 |

「-」2008/02/09 |

「-」2008/02/09 |

「-」2008/02/08 |

「-」2008/02/08 |

「-」2008/02/08 |

「-」2008/02/07 |

「-」2008/02/05 |

「-」2008/02/04 |

「-」2008/02/04 |

「-」2008/02/04 |

「-」2008/02/04 |

「-」2008/02/04 |

「-」2008/02/03 |

「-」2008/02/03 |

「-」2008/02/02 |

「-」2008/02/02 |

「-」2008/02/02 |

「-」2008/02/02 |

「-」2008/02/02 |

「-」2008/02/02 |

「-」2008/02/01 |

「-」2008/02/01 |

「-」2008/02/01 |

「-」2008/01/31 |

「-」2008/01/31 |

「-」2008/01/31 |

「-」2008/01/30 |

「-」2008/01/30 |

「-」2008/01/30 |

「-」2008/01/30 |

「-」2008/01/29 |

「-」2008/01/29 |

「-」2008/01/29 |

「-」2008/01/28 |

「-」2008/01/28 |

「-」2008/01/27 |

「-」2008/01/27 |

「-」2008/01/26 |

「-」2008/01/26 |

「-」2008/01/26 |

「-」2008/01/26 |

「-」2008/01/25 |

「-」2008/01/25 |

「-」2008/01/25 |

「-」2008/01/24 |

「-」2008/01/24 |

「-」2008/01/23 |

ページ上部に戻る▲
『役者のひとり言』甲斐政彦の役者ブログ © 甲斐 政彦 47歳 2017. (http://kaimasahiko.blog42.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.

アクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。