アルゼンチンタンゴにハマったラテン系俳優  甲斐政彦  芝居を始めて30年 劇団スタジオライフに所属し、愛娘と暮らしながら、ダイエットや好きな映画、スイーツを紹介する役者の独り言
カテゴリ別ログ_みんく
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モラル (2009/01/29)
犬猫の処分半減へ収容施設を拡充へ



環境省は、
飼い主が見つからず、処分される犬や猫を減らすため、収容施設を拡充させることにしたそうです。



でも内容は・・・
保護する期間を現在よりも長くしただけのような・・・。



(-_-;)ココからはひとり言
欧米のようなシェルター(救護所) と呼ばれる施設を作ってほしい。


つまり、
日本のような殺す為の施設ではなく、
命を繋ぐ為の施設を作ってもらいたい!!


それには、
「日本のペットショップ事情や」、
「ペットを飼う人達のペットへ対する意識」を、
変革しなければならないのかもしれませんが・・・。



もう一度考えてもらいたい。


犬猫の世界ではあるが、
アウシュビッツのような悲劇が、
日本の施設で行われているという事を・・・。




『死を待つ犬たち』http://www.shikoku-np.co.jp/feature/tuiseki/156/index.htm
『動物管理センターでの殺処分』http://www.prana-japan.com/d01.htm




今日のぼでぃ~
  体重【67.0】kg  
体脂肪率【19.4】%  
ウエスト【77.0】cm  

人気blogランキングへ
↑1プッシュしていただけると、日々の更新の糧になります!
スポンサーサイト
猫カフェ (2009/01/17)
20090117003507


世の中には、
こういう所あったんですね~(゜o゜)


今はまだ入る勇気がありませんが、
いつかミンクへの気持ちが癒えたら・・・。



今日のぼでぃ~
  体重【67.7】kg  
体脂肪率【19.7】%  
ウエスト【77.0】cm  

人気blogランキングへ
↑1プッシュしていただけると、日々の更新の糧になります!
ありがとう。 (2008/07/01)
Creek.jpg



『虹の橋』

 
天国の一歩手前に、『虹の橋』と呼ばれる場所がある。
地上にいる誰かと親しくしていた動物は、死ぬとその『虹の橋』へ行く。
そこには、草地や丘が広がっていて、動物達は一緒になって
走ったり遊んだりすることができる。

たっぷりの食べ物と水、そして日の光に恵まれ
彼らは暖かく、快適に過ごしている。
病気にかかっていたり歳を取ったりしていた動物達は
ここに来て健康と活力を取り戻し、
傷ついたり不具になったりした動物達も、元どおりの丈夫な体を取り戻す。
過ぎ去りし日の夢の中でのように。

動物達は幸せに暮らしているけれど、ひとつだけ不満がある。
それぞれにとって特別な誰かが、
あとに残してきた誰かがいないのを、
寂しく感じているのだ。



動物達は一緒に遊んで時を過ごしている。
しかし、ついにある日、そのうちの一匹が足を止めて遠くに目を向ける。
目はきらきらと輝き、体はたまりかねたように小刻みに震えはじめる。
突然、彼はみんなから離れて、緑の草地を跳ぶように走っていく。

そう、あなたを見つけたのだ。

とうとう出会えたあなた達は、抱き合って再会を喜びあう。
もはや二度と別れることはない。

喜びのキスがあなたの顔に降りそそぎ
あなたの両手は愛する友の頭と体を再び愛撫する。
そして、あなたは信頼に溢れたその瞳をもう一度のぞきこむ。
あなたの人生から長いあいだ姿を消していたが、
心からは一日たりとも消えたことがない、その瞳を。

それからあなた達は、一緒に『虹の橋』を渡るのだ。



20080630234628


甲斐みんくへ


19年間、本当にありがとう。

そして、たくさんのをありがとう。


       

        甲斐政彦より。


ページ上部に戻る▲
『役者のひとり言』甲斐政彦の役者ブログ © 甲斐 政彦 47歳 2017. (http://kaimasahiko.blog42.fc2.com/)
/
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.

アクセス解析


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。